ライフハック心理学

メンタリストDaigo推奨!エクスプレッシブライティングの驚異の効果とは!?

f:id:mattya0724:20200412090407j:plain

どもども、まっちゃです🍵

心理学に2000時間以上時間をかけた上でこの記事を書いています。

 

さて、本日は最強のストレス解消法であるエクスプレッシブ・ライティングについてご紹介していきます!

これ、元は1980年に誕生したんですが、今でも現役バリバリで心理療法の世界で使われるってぐらい、効果の高いストレス解消法なんですよ。

すごくないですか?

 

僕が自律神経失調症を自力で治す上でも使った手法です。

ぜひご活用ください♪

それでは参ります!

 

 

エクスプレッシブライティングとは?

f:id:mattya0724:20200409213033j:plain

エクスプレッシブライティングとは、1980年に精神医療の世界で生まれた、立派な”精神治療の手法”なんですね。

つまり、効果は医学のお墨付きってわけです。

では、具体的にどんな効果があるのか?

以下に列挙してみます。

 

  • ネガティブ感情が減り、幸福度が上がる
  • ワーキングメモリの向上(=頭が良くなる)
  • 自己コントロール能力が向上する
  • テストの成績が平均で17%も上がる
  • 免疫力が向上する

 

これらは全て、実証実験によって確かめられた効果です。

僕がテキトーに言っているわけではありません。

このように、エクスプレッシブライティングには驚異の威力があるんですね。

 

では具体的にどうやったらいいのか?

というのをここから話していきます。

まあ、やり方は超カンタンです。

 

8分~20分かけて自分の思ってる事をひたすら書き殴る。

これだけです。

この時にポイントが3つあります。

 

  • 8分以上書く
  • 思っている事をありのまま書く
  • 紙にペンで書く

 

説明していきます。

 

8分以上書く

 

エクスプレッシブライティングはもともと、20分程度書き続けないと効果が無いと言われていました。

しかし、2017年のミシガン大学の研究によって、8分以上書けば効果が出ると証明されたのです。

昔に比べて2分の1の時間で済むわけですから、楽勝ですね♪

 

思っている事をそのまま書く

 

エクスプレッシブライティングは日記ではありません。

なので、きっちり行を揃えて書く必要も、丁寧な字で書く必要もありません。

ン書き殴るゥ!

ぐらいの感覚が適当です。

 

「あんのクソ上司ーーーー!!」

「ファッキン同僚~♪地獄に落ちろ~♪」

 

とか書いても一向に構いません。

とにかく何も考えずに浮かんだ言葉をそのまま書くのがポイントです!

 

 紙にペンで書く

 

要はスマホとか使っちゃダメですよ、って話です。

これは僕独自の見解ですが、ちゃんと根拠があるので聞いてください。

 

ワシントン大学の教育心理学教授のVirginia Berninger氏が行った実験があります。

この実験では、被験者を以下のような2つのグループに分けます。

  • タイピングで作文するグループ
  • 手書きで作文するグループ

そして作文のクオリティーなどを観察すると驚きの結果に。

手書きで書いた被験者の方がより早く、より多く、より柔軟に作文を書いたのです。

 

これ、同じ事がエクスプレッシブライティングに応用できると思いませんか?

つまり、エクスプレッシブライティングは手書きの方がより多くの情報を、より濃密にアウトプット出来るという事です。

以上3点に気を付ければ基本的にはOKです。

ここからは質問されそうな事を先読みして、答えていきます(=゚ω゚)ノ

 

POINT

・8分以上書く

・思っている事をありのまま書く

・紙に書く

 

ネガティブな言葉も書いていいの?

f:id:mattya0724:20200409225649j:plain
※画像はイメージです

 

この質問は本当によく聞かれます。

結論から言うと、全然OKです。

一昔前だと、

「ポジティブポジティブポジティブ!!ひたすらポジティブに考えるんだ!!」

みたいな考え方が流行ったりしましたが、今では否定されつつあります。

 

と言うのも、ネガティブな感情に対してポジティブな言葉をぶつけてしまうと、心理的リアクタンス(=特定の行動に対して、逆のコトをしてしまいたくなる心理作用)が起こってしまう可能性があると最新の研究で判明しました。

ポジティブシンキングより今は、マインドフルネスの方が何倍も良いんじゃない?

というのが今の心理学の見解です。

 

マインドフルネスって何?

 

マインドフルネスというのは、”現状を、あるがまま受け入れるという考え方”です。

これを応用した、マインドフルネス瞑想というのが、ポジティブシンキングより凄い効果を発揮すると分かっているんです!

ある面白い実験があります。

 

カナダのブリティッシュコロンビア大学で99名の被験者を対象に行われた実験です。

この実験では、以下の2つのようなグループに分けられます。

  • 3分×3回の瞑想を4ヶ月行うグループ
  • 何もしないグループ

そして4ヶ月後に、様々なテストを行うのですが、そこで出た結果は衝撃的なものに...!!!

まず、ストレスレベルが大幅に下がりました。

それだけではなく、処理能力は15%アップし、感情コントロール力、認知コントロール力、思いやりなど、全ての項目において優れた数値が出ていました。

 

これがマインドフルネスの力です..!!!

あらゆる能力が向上してしまうというチート技!

このように、今の心理学界ではポジティブシンキングよりマインドフルネスです。

 

そして、エクスプレッシブライティングはマインドフルネス的性質を持つんですね。

だから非常に効果が高いんです(; ・`д・´)

マインドフルネスもっと詳しく知りたい方はマインドフルネス瞑想の絶大な効果とやり方ー【心理学の科学的根拠アリ!】をお読みください。

 

まとめ

 

今日はサクッと読める感じで書いてみました。

ただし情報は濃密です。

きっちりと覚えていって欲しいので、以下にまとめます。

 

  • エクスプレッシブライティングは現役バリバリの心理療法だから、ストレス解消効果が格段に高い!
  • エクスプレッシブライティングの3箇条は、「8分以上書く」「思っている事をありのまま書く」「紙に書く」
  • ネガティブな言葉も全然OK!ポジティブシンキングよりマインドフルネス!

それでは最後に、今回の参考文献を貼っておわりにしますね。

 

 

ンまたな('ω')ノ

 

-ライフハック心理学

Copyright© まっちゃの心理学教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.